愛友酒造株式会社

創業文化元年 茨城潮来の酒蔵

愛友のお酒について

「水」へのこだわり神泉の恵み

清澄な水が白砂の底から呼吸するように湧き出す大生(おおう)七つ井戸の一つ大生神社の神泉「思井戸」。

酒づくりに最適なミネラル分を含むこの水脈は、古代から潮来の人々の暮らしを支え、江戸時代には、仙台河岸、津軽河岸などの地名が物語るように、東北地方の物資を江戸に回漕する水運の要衝として栄えてきました。

いまも「嫁入り舟」が行き来する水辺のまちで、愛友酒造はその名のとおり酒を愛する人々の顔を思い浮かべながら、友に愛される地酒をつくっています。

「米」へのこだわり」

準備中です。

ふるさとを映す白壁

源頼朝が鹿島神宮で戦勝を祈願した際に使った硯を祀る硯宮(すずりのみや)神社。
蔵の鎮守でもある由緒あるこの宮の木々のそよぎを聞きながら、愛友の酒は二百余年、
絶えることなく醸されてきました。

さまざまな時代や折々の想いを映してきた蔵の佇まいが、
紛れもなくふるさとの風景になっているように、愛友は地域の祝いの酒としてまた、
時には哀しみを癒やす酒として人々の暮らしと深く関わりながら長い歴史を刻んできました。

地域とともに生きる事だけをつくりたいという初心は、この白壁の蔵で脈々と受け継がれています。

芳醇な一献が心を満たす

いい水、いい米、そして杜氏の技。
このいずれが欠けてもいい酒はできません。
南部杜氏・多田一郎が丹精込めて仕込む大吟醸や純米吟醸は、
ここ数年、国内はもとより海外でも高い評価を頂いております。

「互いに心を開いて酒を酌みかわせば、世界の人々は、皆、兄弟のよ睦みあえる」という意味の『四海皆兄弟』を創業以来の社是とする愛友酒造。

小さな流れがいくつも集まって大河となり、やがて海に注いで世界とつながるように、愛飲家たちの心を地酒の魅力で満たしたい・・・、そんな願いを込めて日本の、茨城の、水辺のまち・潮来で、日々研鑽いたしております。

南部杜氏 多田一郎(ただ いちろう)

1950年生まれ 岩手県遠野市宮守町出身

平成4年〜25年

・南部杜氏自醸酒鑑評会 20回入賞

・関東信越国税局鑑評会 18回入賞

・全国新酒鑑評会 10回金賞 6回銀賞

・埼玉県新酒鑑評会 20回金賞 内15回特別技術優秀賞

杜氏より一言

生活の中には切っても切れない存在、そこには必ずお酒、日本酒があります。和醸良酒、皆さんに喜んで飲んで頂ける美味しいお酒を提供できますよう、頑張ります。

南部杜氏とは

南部藩(南部氏の旧領地:岩手県)出身の杜氏のことを言い、越後杜氏、丹波杜氏とならび、日本三大杜氏の筆頭に数えられる。
南部杜氏の歴史は古く、延宝六(1678)年に近江商人の村井権兵衛が、摂津(大阪)の池田から杜氏を招いたのがきっかけだと言われています。

南部の地は、昔から寒冷で積雪地帯であったため、工夫に工夫を重ねて酒造りが行われてきました。
その風土によって杜氏たちの技と勘が研ぎすまされ、南部独自の旨い麹の作り方を身に付けたと言われています。

鑑評会受賞歴

愛友酒造では、皆さまによりよい商品をご提供するために、
鑑評会やモンドセレクション、コンクールなどに積極的に参加しております。

pagetop